Twenty Eleven のトップページ以外にもサイドバーを表示する方法 追記

当サイトでも紹介したTwenty Eleven のトップページ以外にもサイドバーを表示する方法ですが、固定ページについてはテンプレートを修正しなくても出来ることが最近判りました。

固定ページを作成する時に、ページ属性にて”サイドバーテンプレート”を選択するだけでOK。
wp_page_sidebar

Twenty Eleven のトップページ以外にもサイドバーを表示する方法

当サイトでも使用しているWordPressのテーマTwenty Elevenにおいて、標準設定ではトップページ以外でサイドバーが表示されません。

固定ページや投稿ページでもサイドバーがある方が好きなので、表示させる方法を探し当サイトでは、次のように設定しています。

サイト管理画面の左のメニューから「外観」-「テーマ編集」を選択
Twenty Eleven: スタイルシート (style.css)が表示されていると思いますので、最後の行までスクロールして次のコードを追記し保存します。

/* Singular */
.singular #primary {
margin: 0 -26.4% 0 0;
}
#nav-single {
display: none;
}
.singular .entry-header .entry-meta {
position: relative;
}
.singular .hentry {
padding: 0;
}
.singular .entry-header, .singular .entry-content, .singular footer.entry-meta, .singular #comments-title {
width: 100%;
}
.singular #content, .left-sidebar.singular #content {
margin: 0 34% 0 7.6%;
}
.singular article .entry-title {
padding-top: 0;
}
.singular .entry-meta .edit-link a {
right: 0;
top: 0;
left: auto;
}

スタイルシートの変更が完了しましたら、次はテンプレートに追記。
single.phpとpage.phpの2つのテンプレートを順に開いて最終行の上に1行追加して次のようにしてください。

<?php get_sidebar(); ?>
<?php get_footer(); ?>

これで準備OK。
一度サイト開き直せば反映されています。

WordPressの設定参考サイト紹介

WordPressは設定次第でいろいろなデザインにすることが出来ますが初心者には難しい面が多々あります。
最低限やっておきたい対策などを調べていたところ、参考になるサイトを一つ発見しましたので、備忘録として投稿しておきます。
このサイトはWordPressをホームページにする方法も判りやすく記載されています。
内容的には少し前のバージョンのようです。

wordpress358

wordpressの設定試行中

WEBの表示デザイン(wordpressでいうところの”外観”)テーマはデフォルトのものを使用。
Twenty Eleven ver1.4
背景を黒にしたらガンメタMR-Sのイメージにぴったり。
ヘッダの画像もすべてMR-S写真に入れ替えました。

他にもテーマがいろいろあるようなのでインストールしてみようと思いますが、ppBlogと違い選択肢が沢山あるので迷いますね!

人気上位やおすすめのプラグインをインストール中ですが、英語のものが多く・・・・です。

まさに試行錯誤中です。

ホームページ作成 その2 簡単なページの作成

HTMLの基本構文は

<html>
<head>
</head>
<body>
</body>
</html>

——————————————————————————————–
<body> ~</body>タグの間に文字を書いてみましょう。

<html>
<head>
</head>
<body>
簡単なホームページを作成してみましょう
</body>
</html>

メモ帖などのテキストエディタで作成し、これを index.html という名前で保存してください。
保存したファイルをIEで開くとホームページが表示されます。
これがHTMLによるホームページ作成の基本となります。
<body> ~</body>タグの間にいろいろな編集・装飾タグを使って文章を記載したり
画像を表示したりすることで見栄えの良いホームページとなっていきます。

ホームページ作成 その1 基本構文

WebサイトはHTMLという言語で書いて行きます。
<title>ホームページ作成</title> のように < > で囲んで半角文字で書きます。
この < > を タグと呼びます。
——————————————————————————–
HTMLの中心タグ


<html>~</html>
文書の最初と最後にあるタグで、この文書はHTMLで記述しています、と説明するものです。

<head>~</head>
<html>タグ内に記述します。ブラウザ*上では見えない記述エリアです。

<body>~</body>
<html>タグ内のの終了タグの後ろにきます。ここに記述するものがブラウザ上で表示されます。

タグ内の</ にあるスラッシュは終了タグといい、タグの終わりを意味します。
——————————————————————————–
HTMLの基本構文

<html>
 <head>
 </head>
 <body>
 </body>
</html>

これが基本となります。
意外と簡単です。