Pentium Dual-Core E6500でwindows7 64bit SSDの驚異

某ショップでセールで1万円前半で出ていて衝動買いしました。
(激安だったんです、ショップのミスなのかな)
45.7:600:450:350:263:58359_01l:center:1:1::0:
SSDは読込み355MB/sが書込み75MB/sの読込が5倍位早いものが人気が高いですが
このSSDは読書きが共にそこそこ早い仕様のもの。
そこそこといってもHDDよりは比べものにならないくらい早いです。
初めてSSDを使用しましたが、速さは体感できます。
容量も100GBあり、
起動ドライブとしてwindows7professional 64bitインストールで11GBしか使用しませんでした。
windows7のエクスペリエンスは 7.8 でした。
ネックだったHDDのエクスペリエンスが7.8になりスコアが良くなることを実感しました。
39.8:600:363:350:212:58359_02l:center:1:1::0:
価格が1万円前半になったらお買い得だと思います。
ただ、SSDは書込み回数に制限があるということが頭から離れず、
精神的にプレッシャーとなりHDD起動に戻して本商品は売ることにしました。
(何でも試しにインストールして試用してみたいタイプの人間なので・・・・)
104.3:564:600:329:350:58359_03l:center:1:1::0:
記事より
「Vertex2」シリーズは、OCZ社従来製品「Vertex」シリーズの次世代製品となる高性能SSD。SATA II 3.0Gbpsインターフェイスに準拠し、MLC NAND Flashメモリー、SandForce 社のSF-1200 SSDコントローラー、および最新のファームウェア技術を採用している。
また、リードは最大285MB/s、ライトは最大275MB/sを実現。4KBランダム書込性能は最大50,000IOPSとなっている。さらに、Windows 7の「TRIM」機能にも対応するほか、3.5インチ ベイ(インチねじ付き)が付属する。価格はいずれもオープン。
前回の記事

Pentium Dual-Core E6500でwindows7 64bit動作検証

Core 2 Duoの廉価版であるPentium Dual-CoreのCPU E6500でPCを組み立てました。
windows7 proffesional 64bitでのエクスペリエンスをなかなかの結果です。
同CPUは2.93GHz(266×11)が基本スペックですが4GHz台まで空冷でオーバークロック情報があり、
3.30GHz(300×11)で常用しており温度等も問題ありません。
CPUの価格自体が数千円台で購入できるので壊れるまでこのまま使おうと思います。
Core 2 Duo E8500が18千円台とすれば、かなりのコストパフォーマンスです。
65.2:675:333:350:173:pc1:center:1:1::0:
59.1:675:392:350:203:pc2:center:1:1::0:
57.1:652:363:350:195:pc3:center:1:1::0:
自作PC仕様(これで上記のエクスペリエンススコアが出ました)
CPU Intel Pentium Dual-Core E6500 2.93GHz(LGA775,1066MHz)
M/B ASRock P45XE-R
memory DDR2-800(PC2-6400) 2GBx4枚
HDD Hitachi/IBM 500GB(SATA2,7200rpm) HDS721050CLA362 x2機
VGA 玄人志向 GF-GT240-E512HD/D5
このPCのその後