BMW4シリーズカブリオレ

2013東京モーターショーで出展予定のオープンカー情報です。
今回紹介するのは BMW4シリーズカブリオレ

9月に日本市場でも発売された4シリーズのオープンモデルである「4シリーズ カブリオレ」をワールドプレミア。
4シリーズのクーペモデルから約50:50の前後重量配分、インテリジェント・ライト・コンセプト、フロントタイヤの後方のエア・ブリーザーなどが生み出す走りの基本性能を継承しており、ボタン操作1つでオープン可能なリトラクタブル・ハードトップ。20秒以内に全開になり、オープンエアドライビングを提供。運転席と助手席にはネック・ウォーマーがオプション設定されるとさ!
さすがBMWですね。
BMW_4_open

旧愛車紹介 トヨタ チェイサーツアラーV

旧愛車紹介シリーズ(1回だけかも)

1997年~2001年まで愛用した車「トヨタ チェイサーツアラーV」
サメが泳ぐCMに「 The Strong 」のキャッチコピーで登場したスポーツセダン。
ツインターボ280馬力仕様のツアラーVは、レースカーとしても採用され、前後重量バランスもスポーツセダンと呼ぶに相応しいもので、北海道の冬道でも大活躍でした。
chaser_front_up
chaser_backview
HKSのマフラー「デュアルドラッガー」
排気効率をそのままに最低地上高を確保したデザインで、ローダウンした車高でもコンビニの車止めはセーフでした。
デザインや運動性能、全てにおいて満点を与えられる名車でした。

CM動画も発見!

BMW 3シリーズGT発表

BMW3シリーズからグランツーリスモ「GT」発売です。
日本のメーカーもBMWのようなデザイン的にも優れた車を作ってほしいな。
BMW3_GT

ちょっとMR-Sには関係ないネタですが、BMWは昔から憧れの大好きな車なので!

Pentium Dual-Core E6500でwindows7 64bit SSDの驚異

某ショップでセールで1万円前半で出ていて衝動買いしました。
(激安だったんです、ショップのミスなのかな)
45.7:600:450:350:263:58359_01l:center:1:1::0:
SSDは読込み355MB/sが書込み75MB/sの読込が5倍位早いものが人気が高いですが
このSSDは読書きが共にそこそこ早い仕様のもの。
そこそこといってもHDDよりは比べものにならないくらい早いです。
初めてSSDを使用しましたが、速さは体感できます。
容量も100GBあり、
起動ドライブとしてwindows7professional 64bitインストールで11GBしか使用しませんでした。
windows7のエクスペリエンスは 7.8 でした。
ネックだったHDDのエクスペリエンスが7.8になりスコアが良くなることを実感しました。
39.8:600:363:350:212:58359_02l:center:1:1::0:
価格が1万円前半になったらお買い得だと思います。
ただ、SSDは書込み回数に制限があるということが頭から離れず、
精神的にプレッシャーとなりHDD起動に戻して本商品は売ることにしました。
(何でも試しにインストールして試用してみたいタイプの人間なので・・・・)
104.3:564:600:329:350:58359_03l:center:1:1::0:
記事より
「Vertex2」シリーズは、OCZ社従来製品「Vertex」シリーズの次世代製品となる高性能SSD。SATA II 3.0Gbpsインターフェイスに準拠し、MLC NAND Flashメモリー、SandForce 社のSF-1200 SSDコントローラー、および最新のファームウェア技術を採用している。
また、リードは最大285MB/s、ライトは最大275MB/sを実現。4KBランダム書込性能は最大50,000IOPSとなっている。さらに、Windows 7の「TRIM」機能にも対応するほか、3.5インチ ベイ(インチねじ付き)が付属する。価格はいずれもオープン。
前回の記事