R32GT-R(BNR32)にお別れのときがきました

当サイトのメインでもありましたR32GT-R(BNR32)に、遂にオイルポンプ交換必要の診断が出てしまいました。[涙/]
最近、アイドリング時の油圧メーターが低いとは思っていましたが、メーター異常ではなく油圧が低くなっているとの事。
BNR32のオイルポンプ交換は、エンジンの脱着が必要とのことで、ディーラー見積りでは最低でも24万円。
高~い。
排気系、足回り、クラッチなどお決まりコースはすべて交換し、定期メンテナンスは全てディーラーにて実施していたので、オイルポンプ以外に不具合はありません。まだエアコンも元気。
ですが・・・・そろそろ潮時かなと。
中古で購入して6年目、購入した金額以上に修理してきましたが、手放す事にしました。
この車は次のオーナーさんに譲ります。
思い切ってエンジン載せ替えや、オーバーホールする予算のある人ならまだまだ乗れます。
次は維持費の安い車にしないと・・・・。

R32GT-R(BNR32)のセンターパネル改造

R32GT-R(BNR32)のセンターパネルは、通常1DINのオーディオしか取り付けることができません。
しかし、手持ちのヘッドユニットは2DINしかなかったので、ネットで調べると、
エアコン操作パネルをセンターコンソールもしくはグローブボックスに移設するという改造例が多くありました。
しかし、この場合はエアコンハーネスの延長ケーブルが必要になります。
それなら、煙草を吸わないので灰皿スペースを撤去(同時にシガーソケットも)し、センターパネルの再下段に移設することにしました。
これだと延長ケーブルもいりませんし、いつでも操作、確認もできます。
その結果が次の写真です。上出来!
997.6:2048:1536:350:263:IMG_0934:center:1:1::0:
1008.4:2048:1536:350:263:IMG_0937:center:1:1::0:

R32GT-R(BNR32)のプラモデル

R32GT-R(BNR32)のプラモデルが今でも買えることを最近知りました。
中には入荷待ちになっているものもあり、早い者勝ちですね。
自身プラモデル世代だと思うので懐かしくて、ホームページにまとめました。
こんなにも多くの種類が出ていることに感動を覚えたのは私だけでしょうか?
どれか試に買ってみようと思うので出来上がりを後日公開します。
1/12大人買いしてみようか迷っています[にひひ/]
1/12モデルはこちら
1/24モデルはこちら

その名はR32GT-R (BNR32)

BNR32とは
8代目スカイラインとしてR32型が発売となったのは1989年。
GT-Rは先代より16年ぶりの復活。
自動車レースは国内外を問わず向かうところ敵なしの状態で席巻した。
先代のGT-Rは、自然吸気の直列6気筒4バルブDOHC 2000ccエンジンを搭載する後輪駆動(FR)であったのに対し、R32GT-R(BNR32)は、セラミックス製ターボチャージャーを2基装備した2568ccの直列6気筒4バルブDOHCエンジン(RB26DETT型)の4輪駆動とされた。
4輪駆動システムは、FRをベースとした電子制御による4輪の駆動力を自在に配分できるアテーサE-TSであった。
wikipediaより抜粋
1348.4:2048:1536:350:263:IMG_0924:center:1:1::0:
ナンカン/NANKANG NS-2 255/35R18のレビューと評価: R32GT-R用に初めて購入しました [coneco.net 商品レビュー]