R32GT-R(BNR32)にお別れのときがきました

当サイトのメインでもありましたR32GT-R(BNR32)に、遂にオイルポンプ交換必要の診断が出てしまいました。[涙/]
最近、アイドリング時の油圧メーターが低いとは思っていましたが、メーター異常ではなく油圧が低くなっているとの事。
BNR32のオイルポンプ交換は、エンジンの脱着が必要とのことで、ディーラー見積りでは最低でも24万円。
高~い。
排気系、足回り、クラッチなどお決まりコースはすべて交換し、定期メンテナンスは全てディーラーにて実施していたので、オイルポンプ以外に不具合はありません。まだエアコンも元気。
ですが・・・・そろそろ潮時かなと。
中古で購入して6年目、購入した金額以上に修理してきましたが、手放す事にしました。
この車は次のオーナーさんに譲ります。
思い切ってエンジン載せ替えや、オーバーホールする予算のある人ならまだまだ乗れます。
次は維持費の安い車にしないと・・・・。

R32GT-R(BNR32)のセンターパネル改造

R32GT-R(BNR32)のセンターパネルは、通常1DINのオーディオしか取り付けることができません。
しかし、手持ちのヘッドユニットは2DINしかなかったので、ネットで調べると、
エアコン操作パネルをセンターコンソールもしくはグローブボックスに移設するという改造例が多くありました。
しかし、この場合はエアコンハーネスの延長ケーブルが必要になります。
それなら、煙草を吸わないので灰皿スペースを撤去(同時にシガーソケットも)し、センターパネルの再下段に移設することにしました。
これだと延長ケーブルもいりませんし、いつでも操作、確認もできます。
その結果が次の写真です。上出来!
997.6:2048:1536:350:263:IMG_0934:center:1:1::0:
1008.4:2048:1536:350:263:IMG_0937:center:1:1::0:

R32GT-R(BNR32)のプラモデル

R32GT-R(BNR32)のプラモデルが今でも買えることを最近知りました。
中には入荷待ちになっているものもあり、早い者勝ちですね。
自身プラモデル世代だと思うので懐かしくて、ホームページにまとめました。
こんなにも多くの種類が出ていることに感動を覚えたのは私だけでしょうか?
どれか試に買ってみようと思うので出来上がりを後日公開します。
1/12大人買いしてみようか迷っています[にひひ/]
1/12モデルはこちら
1/24モデルはこちら

その名はR32GT-R (BNR32)

BNR32とは
8代目スカイラインとしてR32型が発売となったのは1989年。
GT-Rは先代より16年ぶりの復活。
自動車レースは国内外を問わず向かうところ敵なしの状態で席巻した。
先代のGT-Rは、自然吸気の直列6気筒4バルブDOHC 2000ccエンジンを搭載する後輪駆動(FR)であったのに対し、R32GT-R(BNR32)は、セラミックス製ターボチャージャーを2基装備した2568ccの直列6気筒4バルブDOHCエンジン(RB26DETT型)の4輪駆動とされた。
4輪駆動システムは、FRをベースとした電子制御による4輪の駆動力を自在に配分できるアテーサE-TSであった。
wikipediaより抜粋
1348.4:2048:1536:350:263:IMG_0924:center:1:1::0:
ナンカン/NANKANG NS-2 255/35R18のレビューと評価: R32GT-R用に初めて購入しました [coneco.net 商品レビュー]

GT-R不調からの復活 オルタネーター編

GT-R不動から2日、無事に復活しました[アハハ/]
今回、帰宅途中で不動となったGT-Rを加入している自動車保険のロードサービスで対応しました。
これが思った以上のサービス内容でビックリ。
まず、GT-Rの入庫先が遠かったのと、既に営業時間外で明日は定休日という状況。
しかし、ロードサービスは100km以内なら問題無しで2晩一時預かりもOKでした。
さらに、不動となった場所から自宅までタクシーでOK。
さらにさらに次の日は会社までタクシーOK。
そしてさらに、レンタカーも最大30日OK。
んーっ!東京海上日動はスバラシイ(私はが保険屋ではありませんので念のため)
自動車保険付帯のロードサービスも以外と内容充実です。
これで保険料は上がらないというのだから感無量。
困ったときに役に立つ保険は本当にすばらしいと実感した出来事でした。

GT-R不調が不動に

さぁ、帰ろうとエンジン始動・・・電圧計がありえない数字を。
10.5v
そりゃ低すぎないかい、これで帰れるのか、家まで8km。
ヘッドライトON、「おっー、10v切ったぁ」と一人叫ぶ。
とにかく帰ろう。
電圧計を注視、なんとか10.5v付近をKEEP。
5分程走ったところで、ブレーキを踏むと
「10v切ったぁ」(心の叫び)
とりあえず、安全なラインへと三車線の一番左へ車線変更。
ちょっと走ると、電圧計が9v付近で、全ての光が暗い。
「もうすぐ止まる」(心の叫び)
どこに止まるか周辺確認して、この辺ならいいかなとハザードあげて停車。
交差点100m手前の閉店後の会社の前に停車。
次の瞬間。辺りは静かとなりました。
シーン
とりあえず、ディーラーの友人に電話、整備工場へレッカーしておくことで了解を得て保険会社のロードサービスでレッカーとなりました。
予定通りに23日に部品交換にて再起の予定。
保険会社のロードサービスの特約でタクシー代もレンタカーも手配できるようなので不幸中の幸いでした。
とりあえず、道の真ん中で不動にならずに良かった。
さすが、R32GT-Rは瀕死の状態でも裏切りません。
ちゃんと、「もうすぐ止まるから端に寄って」と合図をくれたような気がします。
最後に
冬のエンジンのかからない車の中でレッカー待ちは辛いです。
「寒い~」

GT-R不調の原因判明

先日からの不調の原因がディーラーで判明しました。
ディーラーの友人
「オルターネーターが11.5vしか発電してないわ、交換だね」
ダイナモってやつですね。
遂に交換発生ですか・・・・・で、いくら?
「部品代で3万・・・ちょっとかな、あと工賃と・・・」
とりあえず、いつものオークションで部品確認すると
リビルドで1万5千円前後で出ているのを発見、型番OK、早速注文しました。
23日の祝日にディーラーで交換予定。
それまでガンバレ、GT-R!

GT-R不調

R32GT-Rが朝から不調です。
HICASランプがたまに点滅する。
バッテリー警告ランプも薄っすらと光っているような。
エンジン再起動、正常。
大丈夫と思いきや帰宅の時間にエンジン始動!再発。
電圧が低い!
普段は13v以上あるのに12v弱。
もしかして電気系トラブルか・・・・土曜日にディーラーへ持っていこう。

R32GT-Rのタイヤサイズについて

R32GT-Rのタイヤについて(私見)
GT-Rは4WDなので、基本は4本同じサイズのタイヤでないと何らかの支障があると思っていました。
ディーラーやショップの人も同じ意見の人が多かったです。
ところが先日、某番組でランボルギーニやポルシェといったスポーツカーも4WDを採用していて、
その標準タイヤは前後でタイヤサイズが違うことに驚きました。
いろいろ検索した結果、タイヤの外径サイズが変わらなければ駆動系への負担にならず問題無いようです。
元々GT-Rは駆動配分が0:100から50:50への可変タイプ。
前後サイズ違いのタイヤでも問題無いようなのでタイヤの外径サイズを調べてみると
標準 225/50-16 外径 631mm
愛車のタイヤは 265/35-18 643mm ちょっと大きい。
私が選んだ前後ベストサイズは
前 225/40-18 637mm
後 255/35-18 636mm
このサイズだと外径差 1mm なので誤差の範囲。
前 225 ならハンドリングも問題無しと思われます。
122.4:620:454:350:256:BNR32tiresize:center:1:1::0: