交通事故の過失割合について

先日の交通事故の過失割合について、
30:70ではやはり納得が出来ない状況だったのでいろいろ調べてみました。
基本的に、追突以外の状況では 0:100 は無いだろうと私自身思っていましたが
調べてみると、今回の事故のケースは意外にも 0:100 になる可能性を秘めている事が判りました。
某ホームページ情報から

日弁連交通事故相談センターの弁護士の説明は次の通りでした:現在では事故の状況に応じて過失割合は定型化されています。
基本的な過失割合は、あなたが直進車で、相手が前方の進路変更車なら、過失割合は30(あなたの過失割合)対70(相手の過失割合)です。高速道路上で、走行車線から、追い越し車線へ進路変更した車と追い越し車線上の車の場合は、基本的な過失割合は、80(進路変更車の過失割合)対20(追い越し車線上の車の過失割合)です。
並進車と進路変更した並進者が側面衝突してきた場合は、回避困難なので、過失割合は0(被害車の過失割合)対100(進路変更車の過失割合)になる可能性があります。

今回、相手方の事故発生時の発言で「バックミラーしか見ていなくて、横にいる車に気づかなかった」と言っていました。
こちらの車を認識せずに出てきた点、交差点から30m以内のバス停での渋滞に伴う停車のため事前にウィンカーを出せない状況であった点、こちらに回避できる余地が無かった点。
以上のことから私の保険担当者も0:100で主張することで合意。
でも、たぶん双方動いているので10:90になる見込みが高いと思われ、結局車両保険を使って修理してしまえば保険使用に伴い等級が3つ下がるので保険の掛け金が上がってしまいます。
しかし、やるだけやってみようと思います。
乞うご期待!