ニューヨークモーターショーにサイオンFR-S登場

20日より開催されている2011ニューヨーク・インターナショナル・オートショーでサイオン「FR-S 」が登場した。サイオンは米国トヨタの若者向けブランド。ジュネーブモーターショーで発表されたFT-86IIとは違ってよりトヨタ風な、最近のレクサスブランドに似たデザインで登場しましたね。FT-86Ⅱとは印象もかなり違い、特徴的だったフロントフェンダーのエアベント類は無くなり、代わりに20インチアルミホイールを履く。FR-Sの方がFT-86conceptに近いデザインに戻ったと思います。個人的にはFR-Sかな。日本で販売されるデザインは、こちらのデザインが有力との情報!
139.1:864:576:350:233:FR-S_front:center:1:1::0:
120.4:864:544:350:220:FR-S_rear:center:1:1::0:
東京モーターショーでの市販車モデル発表がいよいよ楽しみです[アハハ/]
responce.jpより記事抜粋

米国トヨタ販売が、20日に開幕したニューヨークモーターショーで初公開したスポーツクーペコンセプト、サイオン『FR-S』。同車とトヨタ『FT-86II』の違いはどこにあるのか。
既報の通り、サイオンFR-Sは、トヨタFT-86IIに対して、エクステリアを変更。フロント周辺では、バンパーやヘッドライトが専用設計された。リアには大型のディフューザーが装備され、トランクのウィングに代えて、「SCION」のロゴを刻印。テールランプも新デザインだ。
サイドビューでは、FT-86IIにあったフロントフェンダーのエアベントを廃止。ドアミラーは小型化され、専用の20インチアルミホイールを履く。
また、サイオンFR-Sの詳細画像からは、ドアハンドルの位置、ルーフエンドの処理など、両車の細かい違いが指摘できる。さらに、タイヤはヨコハマ『ADVAN Neova』の245/30R20サイズで、トレッド面に「SCION」の文字が刻まれたショー用タイヤであることも見て取れる。
公表された両車のボディサイズも若干異なる。サイオンFR-Sのボディサイズは、全長4272×全幅1816×全高1204mm。一方、トヨタFT-86IIは全長4235×全幅1795×全高1270mmだ。サイオンFR-Sのほうが37mm長く、21mmワイドで、66mm背が低い。2570mmのホイールベースは共通だ。
トヨタ版とサイオン版で、かなり印象が異なる両車。トヨタFT-86IIとサイオンFR-S、好みのスタイリングはどちらだろうか。