交通事故の過失割合について

先日の交通事故の過失割合について、
30:70ではやはり納得が出来ない状況だったのでいろいろ調べてみました。
基本的に、追突以外の状況では 0:100 は無いだろうと私自身思っていましたが
調べてみると、今回の事故のケースは意外にも 0:100 になる可能性を秘めている事が判りました。
某ホームページ情報から

日弁連交通事故相談センターの弁護士の説明は次の通りでした:現在では事故の状況に応じて過失割合は定型化されています。
基本的な過失割合は、あなたが直進車で、相手が前方の進路変更車なら、過失割合は30(あなたの過失割合)対70(相手の過失割合)です。高速道路上で、走行車線から、追い越し車線へ進路変更した車と追い越し車線上の車の場合は、基本的な過失割合は、80(進路変更車の過失割合)対20(追い越し車線上の車の過失割合)です。
並進車と進路変更した並進者が側面衝突してきた場合は、回避困難なので、過失割合は0(被害車の過失割合)対100(進路変更車の過失割合)になる可能性があります。

今回、相手方の事故発生時の発言で「バックミラーしか見ていなくて、横にいる車に気づかなかった」と言っていました。
こちらの車を認識せずに出てきた点、交差点から30m以内のバス停での渋滞に伴う停車のため事前にウィンカーを出せない状況であった点、こちらに回避できる余地が無かった点。
以上のことから私の保険担当者も0:100で主張することで合意。
でも、たぶん双方動いているので10:90になる見込みが高いと思われ、結局車両保険を使って修理してしまえば保険使用に伴い等級が3つ下がるので保険の掛け金が上がってしまいます。
しかし、やるだけやってみようと思います。
乞うご期待!

ショック!

今日は朝からショックな出来事が・・・[涙/]
通勤途中で2車線の右側走行中、左車線の渋滞中の車列の中から突然車が右車線へ
「うわ、まさかっ」
センターライン側に逃げるが助手席後方から
「ガシャン」
「この、バカ、なに考えてんだぁ~」(心の叫び)

35.2:320:240:0:0:09062201:center:0:1::0:
41.8:320:240:0:0:P1000014:center:0:1::0:

相手の運転手は警察の現場検証で
「バックミラーしか見ていなくて、横にいた車が見えなかった」
だって!(運転する資格なし)
あきらかに相手が悪いはずなのに保険の担当者には
「こういうケースは 7:3 が基準ですね」
って、3割俺が悪いワケ・・・・絶対間違ってるぞ、この過失割合。
完全に当てられ損なケースです。
ディラーで少し愚痴をいいつつ入庫。早く治って帰ってこいよー!

手動シャッターを電動化する~完成

電動シャッターの見積連絡あり!
工事費込みで 16万円。
予算内でしたので電動化決定。
遂にシャッターが電動になりました。
電動化の工事は意外と簡単でした。
モーターの付いている軸に交換するだけ。
実際に作業をみていたら次回は自分でも出来るって感じです。(次回は無いか・・・)
既にメーカーの工場で組立てが終わっているので、現場では軸を交換するのみ。
早速写真を撮ろうと一度家に入って戻ってきた時には既に軸が外されていました。

41.4:320:240:0:0:090425c:center:1:1::0:

これがもともと付いていた軸の部分です。

36.7:320:240:0:0:090425a:center:1:1::0:

でっ!
これが電動用の軸に交換したあと。真ん中にモーターが見えます。
シャッターの上げ下げは結構スムーズで、遅くも早くも無い感じ。
音も静かです。

42.6:320:240:0:0:090425b:center:1:1::0:

外観はほとんど変わりません。
古いシャッターやメーカーが違っても電動化するのは可能とのことでした。
メーカー違っても内部の仕様はほとんど共通なんだそうです。

ラジエーター交換完了

ラジエーターの交換完了。
GTRが戻ってきました。
原因となった部分はここのアッパータンクのパイプの接続部分!
これがパイプを繋いだ状態で、一見問題ありませんが

42.6:240:320:0:0:09042201:center:1:1::0:

パイプをはずすと接続部分の内側が欠けていました。
( 写真が判りづらくてすみません )

35.9:240:320:0:0:09042202:center:1:1::0:

交換完了しました。
純正ラジエーターは黒ですが、シルバーになり、ちょっとだけレーシーに・・・・と言いたいところですが、
ほとんど目立ちません。
ちょっと残念ですが、今回は故障のための交換なのでしかたがありません。
銅2層に交換したので冷却性能はアップしたのは確かです。

37.1:240:320:0:0:09042203:center:1:1::0:

ラジエーター交換

LLC大量漏れの原因は、パイプが外れていたためでしたが、元々の原因はなんと
経年劣化が原因と思われるラジエーターアッパータンクのパイプ接続部分の破損でした。
プラスチックの筒が割れて外れた結果、LLCが噴出した模様。
結構動きのある部分で、そのまま接続し直しても、また、いつ外れるか判らないとの事。
ちなみに、現状は純正品です。

ディーラーからの修理費概算は、アッパータンク修理で約2万円との事。
中古の部品探したほうが良いかもというアドバイスで市内の中古パーツ店に電話で在庫確認しましたが
bnr32用のラジエーターの在庫無し。
ヤフオクで検索すると新品でも2万円台で入手できることがわかりました。
問題は修理中の代車。
ディーラー担当者に無理言って修理完了まで貸してくれるとの事(感謝)
早速 コーヨー製銅2層ラジエーター を購入。

16.7:350:263:0:0:ra:center:1:1::0:

ライトチューン用のレーシングラジエーターということで、今回も故障に伴い攻めの部品交換で
冷却系のパワーアップです。
納品待ちです。

緑色のスライム、大量発生?

朝、出勤しようとガレージの前へ行くと
「なんじゃこりゅあー」っと本当に叫んでみたい状況でした。
ガレージから綺麗な液体がたら~と流れ出てるではありませんか!?
それも見覚えのある緑色の・・・・。
この間の車検のときLLC漏れ直したのに、なぜ・・・?
シャッターを開けてみると「あらあら」と意外と冷静に状況判断。

13.1:240:320:0:0:r32123456:center:1:1::0:

完全にどこかが外れていると判るくらい、だだ漏れ状態。
「とっとりあえずエンジン切って、ボンネット開けてみよぉ~」っと独り言を
言いながらエンジン止めてボンネットオープン。

41:240:320:0:0:NONALNUM-UDEwMDAwMDIoMik-E:center:1:1::0:

ラジエーターのアッパータンクのパイプが外れていました。
とりあえず、もう一度ねじこんで、LLCの量を確認、まだ半分ある。
会社までは行けるかぁ、そのあといつものディーラーに連絡してみよう!
エンジン再スタート、漏れは無いな。
車庫とその前の緑色の液体は水で綺麗に流して・・・会社へGO。
・・・意外と冷静にとは言いながらこの2枚の写真を撮るのが精一杯でした。
パイプが外れてるところとか、シャッターから少し見えたとことか撮っておけばよかったな。

手動シャッターを電動化する

ガレージの手動シャッターを電動化することに決定しました!

ビルトインガレージのシャッターは設計時は電動の予定でしたが予算の関係で手動になっていました。
最近、近所で車庫の中のものが盗難にあう被害が多くなってきたという話があり、電動シャッターは、それ自体が有効な防犯にもなるという事で、我が家のシャッターも電動化することに決定しました。
手動シャッターを電動化する方法は、大きく2とおり。
①シャッター本体を電動シャッターと取り替える
②手動シャッターを改造して電動化する
電動シャッターを新規に購入すると30~40万円。
ネットで調べると電動化するキットが10万円くらいで販売されている様子。
腕に自信があればDIYでも出来るような事が書いてありました。
既設シャッターのメーカーを調べてみると、三和シャッターでした。

40.8:240:320:0:0:P1000004:center:1:1::0:

とりあえず、三和シャッターの近くの営業所に連絡をとり電動化するにはどうすれば良いかを問合せしました。
メーカー純正品でも既設のシャッターを電動化できるとの事で早速打合せを開始。
既設シャッターを電動化できるポイントは、

シャッター巻き取りBOXの左右どちらかに400mm以上の作業スペースが必要

電源BOXをつけるためみたいです。
それと、近くに電源(100vコンセント)ですね。
もともと電動シャッターを取り付けることを目的に設計していたので天井に電源有り。
左右のスペースも十分なので取付できることに。
現地確認に来た営業マンは、問題なく出来ますよとの事で一安心。
あとは気になるのが工事費です。
作業費込の基本価格で19万円ぐらいとの事。
見積書の作成を依頼し連絡待ちです。
(少しでも安価にできるよう交渉中)

R32GT-R インチアップの最適タイヤサイズは

R32GT-Rの標準タイヤサイズをネットで調べると、

タイヤは 225/50-16
ホイルは 16インチ8Jオフセット+30

このタイヤサイズ基準にインチアップするときに重要なことは標準タイヤと外径を変えないこと。
これはそのままスピードメータに反映するし、フェンダーアーチの内部干渉に影響します。
インチアップするなら外径を基準に考える必要があります。
225/50-16の外径サイズは約631mm
これはメーカーにも寄りますが計算上はこの数字になるので実際のカタログ値もこれに近いはず。
ちなみに、夏タイヤとスタッドレスでは当然同じサイズでも外径は違いますが許容範囲とのことです。

それでは本題のインチアップの話題にしましょう。
なお、ここからは私の考えなので、参考程度に読んでください。

まず、走り重視 で選択するなら17インチがオススメ。
選ぶサイズは

タイヤサイズは  255/40-17 (外径636mm)

でしょうね。
スタッドレスタイヤなら 245/40-17 がベストかな。
215/45-17 も外径OKで幅も標準に近いのでサイズ的にはOKですが、GT-Rに215じゃぁ
グリップに不安”大”というこで、私は上のサイズが一押しですね。
ちなみに私の愛車のスタッドレスは 245/40-17 です。

次に私のように 見た目重視 な人には絶対18インチにするべき!

タイヤサイズは  255/35-18 (外径636mm)

245/35-18でも可ですね。
ちなみに、私が履いているタイヤは

タイヤは 265/35-18 (外径643mm)
ホイルは 18インチ9.5Jオフセット+22
[style].article-content table { border: solid 1px gray; border-collapse: collapse;}
.article-content table td { border: solid 1px gray; padding: 2px; }[/style]

41.4:240:320:0:0:P1000001:center:1:1::0: 39:240:320:0:0:P1000003:center:1:1::0:

ちょっと外径大きめですがGT-R専用アルミ装着でフェンダーも干渉せず、見た目ばっちりです。
このタイヤサイズはR33/R34GT-R用のサイズとして店頭で並んでいることが多く、R32GT-R用は既に店頭で見かける事がなくなったため、たまたま寄ったYELLOHATに1セット限定でGT-R用として売られていたものを購入しました。
あとでいろいろ調べた結果、サーキットでベストタイムを出すR32GT-Rの勝負サイズとのことで、サイズ的には問題無いとのこと。
ただし、一般道ではかなりわだちにハンドルをとられるため、やっぱりサーキット用かな。
でも、見た目重視派なら 10Jオフセット+20 でリムの深いBBS LMを履けば最高だと思いますね。欲しい!

さらに、目立ちたがり屋の人は、19インチ ですかね!

タイヤサイズ 255/30-19 または 265/30-19

わだちなんて気にしない、気づいたら隣の車線にいてもびっくりするな。
時代は20インチにもうすぐ、目だってください。応援します。
でも、事故だけは気を付けないとね。インチアップは 自己責任です。

40.6:240:320:0:0:P1000002:center:1:1::0:

快走?

夏タイヤにして快走!
のはずが、路面の凸凹で右へ左へ
まぁ、タイヤサイズが

265/35-18

なら仕方ないかぁ、と思いながら運転。
でも、いつも以上にハンドルとられすぎ。
なぜだろう、空気圧たりないかなと思いガソリンスタンドへ。

規定より多めに充填して、いざ GO HOME

全然かわんねぇじゃねぇかぁよ~、って一人で叫びながら車庫に帰還。

とりあえず寝よ。
って寝てる場合じゃないので原因を考えてみる
もしかして、
ボンネットオープン!
とりあえず、車庫調の減衰力を高めにしてみるか
冬の間、路面の凸凹がひどいので一番ソフトにしておいたので夏仕様にします。

R32の車高調は

KTS SC DAMPER SYSTEM β

値段の割りにしなやかで安定した走りを生みます。
さすがレースで培った技術を応用している本格レーシング用サスです。

減衰力15段調整式の F:10 R:8 (L側からの目盛)

設定でGO。
いいんじゃない、この感じ。
減衰力でこんなに変わるのかぁって感じです。

あらためて、GT-R全快!

GT-Rタイヤ交換

もう待ちきれません。
アクセル全快で踏みたい季節到来です。
北海道も峠を越える予定が無ければ夏タイヤへの交換が可能な時期になりました。
道路には既に雪が無く、夜間も凍結するほど冷え込まなくなってきましたので
本日決行!

うちのGT-Rはスペーサーを入れて冬タイヤを履いています。
なぜって?
中古で購入したときに付いていた夏タイヤが17インチのENKEIの定番のもので、オフセットがあっていないためスペーサーを前のオーナーが付けていたみたい。
私は、どうしても18インチのタイヤを履きたかったので冬タイヤ用にしたわけです。

早速、台に乗っけてジャッキアップ準備。
ボルトを緩め、ジャッキアップ。
冬タイヤをはずし、スペーサーをはずし、夏タイヤ装着、ジャッキリリース、本締め、前輪2本完了。
ってな感じで4本交換。

もともとジャッキを入れるだけの車高がなかったので、去年の夏まではディーラーで点検込みでタイヤ交換していましたが、
去年、アルミ製の台を購入したので今回2回目のタイヤ交換でした。
やはり自分で交換したほうが安心。

今年は電動インパクトを購入しようと思ったのに、ホームセンターにはシガライターソケット用のものしかなく、
私のGT-Rにはシガライターソケットはありません。
2DINオーディオを付ける為、エアコンパネルを下に移動。
シガライターソケットはあえなく切除されています。
せめて、バッテリーからとれるものであれば購入したのに!

まぁ、無いものはしかたないので、十字レンチで作業しましたが、電動インパクトがあったらもっと早く交換できたんだろうなぁ~と冬までに購入する計画です。

さぁ、明日からは夏タイヤで快走[アハハ/]